2006年01月11日

「101歳の少年」

今朝のフジテレビ「とくダネ!」のオープニングトークで、
小倉さんが「101歳の少年」について熱く語っておりました。

「101歳の少年」とは、ご存知の通り、先日亡くなられました、
プロスキーヤーの三浦敬三さんの書いた著書です。
去年の2月に発行されました。


101歳の少年


このオープニングトークで、
小倉さんはこの本の紹介を、本文を抜粋しながら朗読するのですが、
その朗読のなめらかさに驚かされました。
小倉さんは、以前のオープニングトークで、本田美奈子.さんの追悼番組のナレーションを入れたときのことを、
「ぼくはあまりナレーションの仕事でつっかえて録り直したりないのだけれども、
涙ぐんでしまって“ごめん、もう一回”というようなことがあった。」
というようなことを言っていたのを思い出しました。

そして、その小倉さんの美しい朗読で、
三浦さんの生き方、歳など関係なく、常に前を向いている姿、
向上心を持ち続ける大事さ、夢を持つことの素晴らしさを感じました。

果たして101歳まで自分が生きられるかどうかはわかりませんが、
死ぬそのときまで前向きに生きられたらいいな。と思います。
posted by なつみ at 14:49| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。