2006年02月01日

皮膚病

高校生のころからの持病なのですが、
ここ半年、かなり悪化しています。

9月に右足の甲が「結節性紅斑」になってから、
体中がちょっと皮膚病気味なのです。

アンテベートと付き合いだして半年。
ようやく落ち着いてきて、
次くるのは2,3週間後でいいですよ、とお医者さんに言われたにもかかわらず、
あっという間にまた悪化。

現在のお薬。
○ アレグラ錠60mg×2
○ ルリッド錠150mg×2
○ 塗り薬(サトウザルベ10・アンテベート軟膏0,05%・フシジンレオ軟膏20mg)

その他常時使用薬
・アンテベート
・ヒルドイト

顔にはでないので、私が皮膚疾患だということは、あまりわからないみたいです。
それが救いかな。

今一番ひどいのは右手中指。
左小指の先にもまた出始めているので、万一悪化すると、
楽器が弾けなくなるという最悪の事態がおこります。
それだけは避けたい・・・。

はやくなおらないかなー。
posted by なつみ at 23:08| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12615868

この記事へのトラックバック


Excerpt: アレグラアレグラ(Allegra)とは、アメリカのサノフィ・アベンティス※が創製した、アレルギー性疾患治療剤である。一般名は塩酸フェキソフェナジン(Fexofenadine)。:(※旧:マリオン・メレ..
Weblog: 医薬品、知らないと怖い医薬品の話!
Tracked: 2007-10-01 18:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。