2006年01月12日

「ALWAYS 三丁目の夕日」

遅ればせながら観て来ました。
「ALWAYS 三丁目の夕日」

いい映画だといううわさは前々から聞いていましたが、
これが、ほんっとにいいです。
まだ観てない人は、今からでも遅くありません。ぜひ観にいってください。

昭和33年って、実は戦後からまだ13年なんですよね。
今は戦後60年ですが、なんだか、戦争ってそんな昔のことじゃないんだなって感じがしました。

ALWAYS 三丁目の夕日o.s.t
音楽もオススメ

ネタばれにならない程度に書くと、
茶川竜之介役の吉岡秀隆さん。まさにはまり役でした。
あの役をやらせたらおそらく日本一でしょう。
淳之介役の須賀健太クンは前からよくテレビでみていて、その演技力は知っていましたが、
鈴木一平役の小清水一揮クン。とっても上手でびっくりしました。
こんな子役さんがいたんですね。
石崎ヒロミ役の小雪さん。
この当時、こんなに足が長い女性がいたのだろうか・・・?と
思わず思いながら観てしまいました。とっても美しかったです。
堀北真希さん演じる星野六子ちゃんは、ちょうど私の母と同じくらいの年ですね。
母にも観るように勧めてみます。きっと昔を思い出すことでしょう。

堤真一さん、薬師丸ひろ子さん、もたいまさこさん、紹介しきれないほど、素晴らしい俳優さんたちばかりで、本当に2時間楽しめました。

「笑いあり、涙あり」というキャッチフレーズがまさに似合いの映画ですね。
これを観るまで私の中の1番の映画は「亡国のイージス」でしたが、
あっという間に抜いて1位に輝きました。

古きよき時代に触れて、心があったかくなりました。
この思いを無くさないように、私はこの現代を生きていこうと思います。

くどいようですが、まだ観てない人はぜひ観てください。
上映打ち切りも間近ですので、お早めに!!

「ALWAYS 三丁目の夕日」オフィシャルサイト
はてなダイアリー「ALWAYS 三丁目の夕日」
posted by なつみ at 01:14| 埼玉 ☁| Comment(5) | TrackBack(7) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、始めまして♪
札幌の外れに住んでいます
トラックバックありがとうございました。
相互にさせて戴きましたので、今後とも
よろしくお願いします。
この映画、うちの両親にも見せたいと
思っています。
mixiやってるんですね、よければマイミク
のリクエストさせて下さい^^

Posted by ハーパー at 2006年01月12日 20:50
TB、ありがとうございます。
一昨日、やっと映画館で観ました。
漫画は20年以上前からのファンでしたが、映画も『ほのぼの』として、感動しました。レトロな風景の描写もすごかったし、何度も涙が出ました。
もちろん、星5つの、05年邦画の断然MY・ベストワン!ですよ。
TB,あとで貼り付けておきますね。
Posted by べー坊 at 2006年01月12日 22:20
>ハーバーさん
こちらこそよろしくお願いしますm(__)m
マイミク登録大歓迎です♪
メッセージお待ちしています。

>べー坊
TB、コメントありがとうございます。
あんなに感動する映画だと思っていなかったので、油断していました^^;
ほんとにいい映画でしたね。
Posted by なつみ at 2006年01月12日 22:47
なつみさん、初めまして。
TBありがとうございました。
私は淳之介君とほとんどおない年♪  あの時代をダイレクトに経験しています。懐かしくて可笑しくて哀しくなる、そんな素晴らしい映画でしたね♪
本当にたくさぁんの人に観て頂きたいわね。
私からもTBさせていただきました。
Posted by 横浜マダム at 2006年01月13日 23:29
横浜マダムさん、コメント、TBありがとうございます。
たくさんの人にみてもらえるように、宣伝していきたいですね。
Posted by なつみ at 2006年01月14日 01:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11596477

この記事へのトラックバック

吉岡秀隆
Excerpt: 本業の俳優業も子役時代より作品に恵まれたこともありますが、万人に受け入れられやすい俳優として地位を確立していると思います。
Weblog: 芸能人・マスメディア多事争論
Tracked: 2006-01-12 01:43

ALWAYS 三丁目の夕日
Excerpt: 久々に映画を観に行ってきました。そろそろ上演終了となる「ALWAYS 三丁目の夕日」です。 映画を観るまでは、「良いという噂を良く聞く、『三丁目のなんとか』という映画」というくらいの認識で、タイ..
Weblog: まさぐちるのひとりごと
Tracked: 2006-01-12 01:48

ALWAYS三丁目の夕日
Excerpt: ALWAYS三丁目の夕日  先日、今年初めての映画を観にいってきました。昭和30年代の東京を描いた映画です。時は戦後の復興から未来に向けて日本列島が躍動してる頃、東京タワーが出来上がっていく様も風景と..
Weblog: ハーパーさんの日記
Tracked: 2006-01-12 20:45

三丁目の夕日は、ほのぼのと心に…
Excerpt: ほのぼのと、ほのぼのと、心にしみるなあ! 『ALWAYSー三丁目の夕日』を、観に行きました。{/hiyob_uru/} 最初に去年の秋、この映画が上映されると知ったとき、どうせ邦画なんてガラガラだ..
Weblog: 三丁目のひこうき雲
Tracked: 2006-01-12 22:26

『ALWAYS 三丁目の夕日』
Excerpt: 携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。 ■監督 山崎 貴■原作 西岸良平 ■キャスト 堤 真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子、掘北真希、須賀健太、小清水一..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2006-01-13 12:10

『ALWAYS  三丁目の夕日』
Excerpt: 今年は観たい映画が目白押し☆ 「SAYURI」「ALWAYS 三丁目の夕日」「プライドと偏見」『ナルニア国物語」「ハリーポッター」「オリバー・ツイスト」「ミュンヘン」・・・ 「SAYURI」は..
Weblog: 横浜マダムのひとりごと
Tracked: 2006-01-13 23:30

『ALWAYS 三丁目の夕日』を観て来ました!
Excerpt:   『ALWAYS 三丁目の夕日』観賞レビュー! 47年後に、逢いましょう。 すべての日本人に贈る 夢と希望いっぱいの珠玉の感動作!! 文部科学省..
Weblog: ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!
Tracked: 2006-01-21 06:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。