2005年11月15日

こういう時代

「町田女子高生殺害事件」

この事件の犯人が高校生だという報道を聞いたとき、
体中、鳥肌がたった。

「まさか」という思いと「またか」という思い。

人を殺すという行動を、
短絡的にとってしまう異常さ。

ワイドショーでは、社会が悪いとか、教育が悪いとか、
大人の行動をみて育った結果だとか言うけれど、
この日本で、「人」として日常生活を送っていながら、
あっけなく人を殺してしまうというのは、
明らかに「異常」なことであり、それは誰も弁護しようのない「犯罪」だと思う。

この少年は、これまでの少年犯罪者のように、
今後、更生の道を歩むのだろうか。

今の子どもは、「罰をうける」ことを知らないのかもしれない。
悪さをしても、「たたかれる」痛みや怖さを知らない。
転んでも自分で起き上がる前に、誰かが助けてくれる。
例え怒られても、その後はちゃんと機嫌をとってくれる。

やはり、教育が悪いのか。
子どもに優しく=子どもを甘やかす
になっているのか。

「告白をされて、断ると殺される」という
恐ろしい時代になったことは間違いないのかもしれない。
posted by なつみ at 00:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。