2006年01月10日

方言〜2〜

さて、
方言=「夫との言葉の壁」第2弾です。

これもまた結婚前、
ある本番前のこと、
控え室にて彼(夫)が楽譜の製本を始めた。
(本番直前に製本をすること自体が不届き物だが。)
たしかこの時はカルテット。
彼は1stで私は2ndだったはず。

当然、もちこまなければ、のりも製本テープもない状況。
そこで私はこう聞いてみた。

私 「ねぇ、ねっぱすやつある?」
夫 「??!!」  「・・・・え??!!」
私 「ん・・・??」

説明:「ねっぱす」とはのりなどの粘着剤(?)によって、はりあわせることをいう。
ネイティブでは、「はる」よりもより密着しているイメージで使われることが多い。
例: 「この封筒、ねっぱしておいたほうがいいよ」「そこねっぱさないの?」

通じない。
同じ日本人なのに言葉が通じない。
正直ショックでした。

それ以来、ことあるごとに、
「ねぇ、ねっぱす?ねっぱす?」
とわざわざ意地悪く言ってくる夫だが、
未だ使いこなせるほどにはいたっていないようだ・・・・ちゃんちゃん♪
【関連する記事】
posted by なつみ at 00:03| 埼玉 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 方言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございました!
方言っておもしろいですよね。
自分で使ってて方言って気がついてないんだから
たちが悪いです(笑)

私は,3種類の方言を使いこなせます。
でも,得したことはありません(汗)
Posted by こんぶ at 2006年01月10日 22:20
TBありがとうございます。

ブログしてると、方言が出てしまいがちで…
大変ぢゃなぃですか!?!?(笑
私ゎ大変↓↓

でも、暖かくていいですよね!!
Posted by 悠 haru-music315 at 2006年01月10日 23:04
>こんぶさん
そうなんです。気がつかないで使っていた方言って、たくさんあってびっくりです。
3種類はすごいですね!!まるでバイリンガル。。。

>悠さん
方言は方言で文章にすると味がありますよねぇ。
でも、標準語と方言の使い分けをしたいなー。なんて思っています。
Posted by なつみ at 2006年01月11日 00:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。