2005年11月08日

お葬式

11月3日(木)の朝、父方の祖母が他界いたしました。
享年96歳と聞きました。大往生です。

5日(土)のお葬式に参列してきました。

父は8人兄弟の6番目です。
父の実家は農家で代々長男が後をついでいる、いわゆる「本家」です。
となると誰もが安易に想像できるのは「親戚が多い」ということ。

お葬式の参列者、ざっと見ただけでも200人。
親戚だけで150人近く。
孫の数2@人。ひ孫の数3@人。あわせて5@人。。。

火葬場から式場までの移動のバス4台。
お墓に埋葬に立ち会った人100人以上。

こんなにたくさんの人たちに見送られて、祖母も幸せだったことでしょう。
普段はあまり気にかけたことはありませんが、
自分と血のつながりのあるひとがこんなにもたくさんいることを思うと、
とても不思議な気持ちになりました。

ちなみに母は6人兄弟の長女です。
親戚が多いと付き合いが多くて面倒だと思いがちですが、
決して悪いことではないのかな、と思いました。

全然関係ありませんが、お葬式の帰りに最寄り駅の本屋で1冊の本を買いました。
何を買ったかは・・・。
また次回。
posted by なつみ at 00:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。