2006年02月06日

デルモベートでびゅー。

今日もまた皮膚科に通院です。

ついに、ついに病魔は左小指の先までむしばみはじめました。
ということは、
ついに、ついに、ついに楽器が弾けない状態になったのです。

がーん。

それで、今日処方されたのが、
デルモベート軟膏。

今までのアンテベートよりレベルアップしたということです。
飲み薬のアレグラとルリッド錠はたいしてきかないということで、やめになりました。

デルモベートは少し前にだんなが首のかぶれで使っていた薬。
かなり強力。
でも、これを塗ってなおるのであれば文句はない。
ほんとに早くなおってほしいよ。。もうやだ〜(悲しい顔)

posted by なつみ at 23:09| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月02日

ちくわぶってなに?

ちくわぶって知ってますか?
今日テレビであるタレントが「子どものころ食べたちくわぶの味が〜」と言っていました。
はて・・・?
ちくわぶ?ちくわじゃないの?
ちくわぶとちくわって違うの?

・・・ということで調べてみました。

「ちくわぶは小麦粉を使って竹輪に似せた商品です。
しかし、形こそ、穴があいているので似ていますが、中身はまったくの別物です。」

なるほど。

「竹輪は、ご存知の方も多いと思いますが、主原料が魚肉です。魚肉に塩を入れて練った物を棒に巻いて焼いたものです。
ちくわぶは、竹輪と違い、原料に魚肉は一切使用していません。小麦粉のみです。添加物も一切なしです。」

へぇ。そうなんだ。
で、だんなに聞いてみた。

「ちくわぶって食べたことある?」
「あるよ」
「えー。どうやって食べたの?」
「おでんにはいってるじゃん」

おでにんにちくわぶ。おでんにちくわははいってるけど・・・。
ちくわぶのおでん・・・。

「ちくわぶは、東京近辺のおでんの食材です。
ですから、東京以外の地方では、耳にしたり・口にしたりしないと思います。なぜ東京近辺だけなのかは判りませんが、昔は物流や交通手段もあまりなかったためではないでしょうか?」

なるほどなるほどー。
ちなみにスーパーにいったら、「ちくわぶ」売っておりました。
でもなー。みなれないからちょっと抵抗が。
たぶん家の食卓にのることはないだろなー。

上の説明は、「タカトー」さんのHPからの引用です。
もっと詳しくしりたいかたは、こちらをどうぞ。
http://www.takato-y.co.jp/chikuwabu.htm#tikuwa
posted by なつみ at 23:06| 埼玉 ☁| Comment(7) | TrackBack(1) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

皮膚病

高校生のころからの持病なのですが、
ここ半年、かなり悪化しています。

9月に右足の甲が「結節性紅斑」になってから、
体中がちょっと皮膚病気味なのです。

アンテベートと付き合いだして半年。
ようやく落ち着いてきて、
次くるのは2,3週間後でいいですよ、とお医者さんに言われたにもかかわらず、
あっという間にまた悪化。

現在のお薬。
○ アレグラ錠60mg×2
○ ルリッド錠150mg×2
○ 塗り薬(サトウザルベ10・アンテベート軟膏0,05%・フシジンレオ軟膏20mg)

その他常時使用薬
・アンテベート
・ヒルドイト

顔にはでないので、私が皮膚疾患だということは、あまりわからないみたいです。
それが救いかな。

今一番ひどいのは右手中指。
左小指の先にもまた出始めているので、万一悪化すると、
楽器が弾けなくなるという最悪の事態がおこります。
それだけは避けたい・・・。

はやくなおらないかなー。
posted by なつみ at 23:08| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。