2006年01月12日

「ALWAYS 三丁目の夕日」

遅ればせながら観て来ました。
「ALWAYS 三丁目の夕日」

いい映画だといううわさは前々から聞いていましたが、
これが、ほんっとにいいです。
まだ観てない人は、今からでも遅くありません。ぜひ観にいってください。

昭和33年って、実は戦後からまだ13年なんですよね。
今は戦後60年ですが、なんだか、戦争ってそんな昔のことじゃないんだなって感じがしました。

ALWAYS 三丁目の夕日o.s.t
音楽もオススメ

ネタばれにならない程度に書くと、
茶川竜之介役の吉岡秀隆さん。まさにはまり役でした。
あの役をやらせたらおそらく日本一でしょう。
淳之介役の須賀健太クンは前からよくテレビでみていて、その演技力は知っていましたが、
鈴木一平役の小清水一揮クン。とっても上手でびっくりしました。
こんな子役さんがいたんですね。
石崎ヒロミ役の小雪さん。
この当時、こんなに足が長い女性がいたのだろうか・・・?と
思わず思いながら観てしまいました。とっても美しかったです。
堀北真希さん演じる星野六子ちゃんは、ちょうど私の母と同じくらいの年ですね。
母にも観るように勧めてみます。きっと昔を思い出すことでしょう。

堤真一さん、薬師丸ひろ子さん、もたいまさこさん、紹介しきれないほど、素晴らしい俳優さんたちばかりで、本当に2時間楽しめました。

「笑いあり、涙あり」というキャッチフレーズがまさに似合いの映画ですね。
これを観るまで私の中の1番の映画は「亡国のイージス」でしたが、
あっという間に抜いて1位に輝きました。

古きよき時代に触れて、心があったかくなりました。
この思いを無くさないように、私はこの現代を生きていこうと思います。

くどいようですが、まだ観てない人はぜひ観てください。
上映打ち切りも間近ですので、お早めに!!

「ALWAYS 三丁目の夕日」オフィシャルサイト
はてなダイアリー「ALWAYS 三丁目の夕日」
posted by なつみ at 01:14| 埼玉 ☁| Comment(5) | TrackBack(7) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。