2005年07月09日

すいかでびゅー

今日、念願のすいかでびゅーをはたしました。
そうです、あの、改札を通るときに使う「Suica」です。
購入から使用にいたるまでの経緯を少し・・・。


大勢の人たちが、
「ぴっ」「ピッ」・・・と軽やかに改札を通り過ぎていく。
”うーん。かっこいいっ”

さて、券売機で早速カードを購入。
お金を入れるとすぐにカードがでてきた。
“おー!これがSuicaかぁぁぁぁっっ!!”
と感動も束の間・・・
これはどうやって使うのだろうか??
「ぴっ」と触れるだけで本当に通れるのだろうか。
もし失敗して、「がしゃん。ぴんぽーん」
などとならそうものなら、
人々の注目を浴び、なおかつ後ろに並んでついてくる人からまで
冷たい視線としたうちを浴びせられることは間違いない・・・。
頭の中はぐるぐると妄想がめぐる。

カードの裏の利用案内を読んでみた。
さすがに使用方法までは書いていない。
どうしよう・・・。

さきほどの妄想がまだ頭をかけめぐり、
恥ずかしい思いをどうしてもしたくない私は、
人々の様子を観察することに決めた。
ちょうど帰宅ラッシュの時間帯。

改札を利用する半分以上の人は、軽やかに「ぴっ」「ピッ」と
通り過ぎていく。

どうやら、本当に触れているだけらしい。
角度は?表?裏?
うーん!!よくみえない。
みんな早すぎる。あっという間すぎる。
“だれか、だれか本当の使い方をおしえてくれぇぇぇ。”
と心の中で叫びつつ、
当然乗る予定だった電車にはのれず、
次の電車までの約10分間、集中して観察を続けた。
観察場所を右側から左側へ移動した。

周りの駅員さんや、その場にいた人たちは、私の行動をどう思ったのだろう。
うろうろしながらじっと自動改札を見つめる
不審者にうつったかもしれない。

さて、電車の時刻は近づく。
さぁ、決断のとき。
覚悟を決めていってやろうじゃないの。

私は思い切って歩をふみだした。
手にずっとにぎりしめられていたSuicaを触れてみた。
「ぴぴっ・・・・・・・」


とおれたぁぁぁ!!!


あたりまえだが通れた。
なんのことはない、ふつーに使ってみたらあっけなく通れた。

これが私のすいかでびゅーの経緯である。


・・・その後、
この、私の、見事なまでのすいかでびゅーを、夫に自慢気に話したことはいうまでもない。
posted by なつみ at 00:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。